HARDOLASS-ハドラス-

高度な技術から生まれた最強ガラスコーティング《動画はこちら》

日本の技術者が開発しました

ガラスコーティング剤は多くのメーカーから様々な商品が発売されていますが、その性能はまちまちで、耐久性や防汚性能などが低い商品も多々あります。

当社では2004年、ガラスをナノ化することに成功し、その後あらゆるデータを収集し試験を繰り返して2011年より業界でも他社を圧倒する防汚性能と耐久性が非常に高い画期的なガラスコーティング剤を完成させました。

それが「HARDOLASS(ハドラス)」です。

用途無限大の「HARDOLASS(ハドラス)」は様々な素材にガラスコーティングが可能です。


【研究スタッフ】工学博士

小田原 玄樹(オダハラ ゲンキ)

[学歴]
早稲田大学にて博士後期課程修了。
金属基板上の単原子層グラファイト(グラフェン)結晶成長に関する研究に従事した。
在学中に学会誌からの依頼執筆や招待講演を受け、科研費を獲得する。
それらの成果から、通常より半年早く 博士(工学)の学位を認定される。

 

[職歴]
助手(早大)・国立研究所 研究員(産総研)・民間企業/開発部を経て、現職はHardoLassの研究開発を担当。
新規グラファイト薄膜の分析や、半導体製造装置の開発、文具の材料開発を経験し、各種助成金を獲得した。
グラフェンなど2次元薄膜の研究経験を活かし、ガラス系薄膜 HardoLassの特異な物性を引き出し、革新的な研究成果が出ることを信じて、日々の研究活動に取り組んでいる。

 



【研究スタッフ】博士助手

岩元 あや(イワモト アヤ)

[学歴]
神奈川大学 工学部を卒業。
メソポーラスシリカに有機鎖を
導入した触媒合成の研究に従事した
化合物の合成や各種分析を経験。

 

[職歴]
民間企業/研究開発部を経て、現職はHardoLassの販売企画室/営業を担当。
新規材料の開発や各種分析を経験。
一つの面だけではなく様々な面から物事を捉えることを意識し、
自らが携わった新規材料が社内及びユーザーにて認められた。
幅広い応用が期待されるHardoLassの可能性を最大限に引き出し、HardoLassの魅力を論理的に、分かりやすく伝えられるよう取り組んでいる。


【海外事業部 営業】

呉 政桓(クレ マサノリ)

[学歴]
東京テクニカルカレッジ
インテリア科卒業
建築、工業デザイン企画に興味があり、この業界に入る。

 

[職歴]
現場監督として工事現場で働いた経験を活かし、建材、工業部材のコーティングの開発を担当。
また、企画担当としてもハドラスの商品開発、販促ツールとして動画制作なども担当。
韓国との貿易経験もあり、海外事業部の担当としても活躍している。


《HARDOLASSとは?》

硬度は9H以上、防水・防傷、特に防汚性能に優れています。薄膜で弾力にとみ、万が一損傷しても損傷部分に再度塗布加工することができます。

その他、HARDOLASSの特徴・効果などはこちら。

 

ハドラスのイメージキャラクター決定!

ハドラスはラウェイを応援しています!

【多数の試験結果】



可能性は無限大∞代理店を募集しています。


当社では、従来品の性能に満足できないお客様や、車、バイク、携帯電話、スマートフォン、家具などをいつまでも綺麗に使いたいというご要望にお応えし、従来のガラスコーティング剤よりも高性能なガラスコーティング剤の開発に成功しました。

この画期的なガラスコーティング剤を普及させ、多くの方々に喜んでいただきたいと思い、性能、効果に優れた「HARDOLASS」を取り扱う代理店を全国から募集しています。事業準備から開業までをサポートいたします。